予備調査業務(クイックレビュー)

■目  的■

  1. 株式上場に向けての整備すべき事項の確認
  2. 主幹事証券向けの資料
  3. ベンチャーキャピタルの投資判断資料

■調 査 事 項■

  1. 会社の概要
  2. 経営管理制度の整備状況
  3. (1)経営計画・方針
    (2)組織・人事制度
    (3)予算・月次決算制度
    (4)業務管理制度
    (5)会社諸規程
  4. 財務諸表(直近の決算書)のレビュー (簡易監査)
  5. 今後3~5年の事業計画 (収益性の評価)
  6. 関連会社や利害関係者との取引状況
  7. その他

■ステップ■

ステップ
(注)同一顧客へは、監査・コンサルティングの同時提供は行いません。

■期  間■

企業規模にもよりますが、報告書の作成も含め、概ね2~3週間必要です。

■調 査 方 法■

経営幹部、スタッフへのヒアリング及び書類、会計帳簿の閲覧が中心です。

■報告書の内容■

  1. 株式上場の可否の判定と基本的方向の提示
  2. 経営管理制度に関する問題点と改善の方法
  3. 財務諸表に関する問題点と改善の方法
  4. 今後の株式公開準備の推進方法とスケジュール

予備調査を実施する事によって

 ■貴社のビジネススキームで株式上場が可能か否か
 ■その為には何を準備したら良いか
 ■そのスケジュールは
などが明らかとなり、株式上場が身近なものになります。